2019年11月03日

【レポート】10月26日ジャズクルーズ「京浜工場地帯の夜景と美しいサックスに魅了されたジャズクルーズ」

 10月26日、船上でジャズの演奏を聴きながら京浜工場地帯の夜景を満喫する、川崎市観光協会×かわさきジャズのコラボレーション企画、ジャズクルーズに参加した。この日は、全4回の日程のうちの最終日で、台風で順延となった10月13日の代替日。根本造船所の入口で受付を済ませて乗船を待つ間、雨が降ってこないだろうかと夜空を見上げながら、これから始まる楽しい時間にワクワクドキドキ。

 船に乗りこみ、階段を上がって船上に出る。ベンチに座るとほどなくクルーズがスタート。両岸には、非常灯を灯した工場が立ち並ぶ。羽田空港が近いこともあり、航空灯をつけた飛行機がときおり夜空をゆっくりと横切っていく。ゆったりとした波の揺れと少し肌寒い風が心地よい。

photo1.JPG

 ジャズの演奏が始まるまでの間、ガイド役の坂本氏が大師運河、京浜運河、田辺運河などを経由してクルーズすることや、JERA東扇島火力発電所、東亜石油京浜製油所など工場夜景の見どころとなる建物を紹介。運河の入口で船が出入りする時の信号として点灯している「K」は川崎の「K」で、日本では川崎でしか使われていないなど、あまり知られていない情報が紹介されると、あちこちから「へえ〜」「ほお〜」と声があがった。

 クルーズのガイドが終わると、いよいよジャズの演奏。この日のアーティストは、jajaのメンバー、秋山幸男(サックス)、市村浩(ベースギター)、高島基博(ドラムス)と、ゲストメンバーの木村カエ(ピアノ)。jajaは2004年にホリプロからデビューし、毎年各地のジャズフェスティバルに出演するなど、幅広く活躍しているジャズバンドだ。

photo2.JPG

 前半の1曲目は、「こもれ日」。秋山のすーっと柔らかく伸びていくサックスのメロディが、ゆったりとした船の揺れやほほをなでるような風の雰囲気にぴったりくる。合間のトークでは、「川崎の人は美女が多い」とサービス精神も忘れない。

 続く2曲目は「レディ」。ゴジラのように強い女性をイメージした曲と紹介したが、そのメロディはたおやかでやさしく、包み込むような温かさを持った女性のよう。「先日横浜でライブをしたときは、女子大生ばかりで緊張したけど、今日は緊張しませんね」と、秋山の軽妙なトークが続く。情緒的でしっとりしたサックスの音色と、ぶっちゃけトークとのギャップがおもしろい。

photo5.JPG

 3曲目は「情熱の川崎」。軽快なリズムに、思わず足や手、からだ全体でリズムを取ってしまう。隣にいた男性も、足で楽しそうにリズムを刻んでいた。そして、「人の愛を大事にしよう」というメッセージを込めて、TVアニメ『ドラゴンボール』に出てくるピッコロ大魔王の名言を紹介したあと、ラストに「フレンズ」を演奏。人の心にグッとくる大きな愛にあふれた曲が終わると、観客から歓声があがった。

 休憩中は、再びガイド役の坂本氏が登場。JFEスチール東日本製鉄所やJR東日本川崎火力発電所など、夜景の見どころを紹介したあと、後半のステージへ。ベースギターの市村が作曲したという1曲目の「アンダルシアの風」は、スペインの青い空と乾いた風を連想させるようなさわやかな曲。続いて演奏したスローテンポの「ドリーム」は、大きな夢へのあこがれがと希望を感じさせる。

photo4.JPG

 気が強い川崎の女性をイメージしたという3曲目の「川崎デスペラード」は、力強い曲調。偶然にもこの曲が始まると、船が前後左右に強く揺れはじめた。まるで演奏に呼応するかのように、大きな波に抵抗しながらググッと力強く進む船の勢いを感じた。

 誰でも知っている曲が聴きたいと休憩中にリクエストされたのに応え、4曲目に入る前に、秋山が「アンパンマンのテーマ」をひと吹き。終わりの音をマイナーコードにアレンジするという意外な終わり方に、みんな大爆笑。どこまでもサービス精神を忘れない秋山だ。

 ラストは、この時間が永遠に続くようにという願いをこめて、TVアニメ『デビルマン』のエンディング曲「今日もどこかでデビルマン」の一節を紹介したあと、「フォーエバー」を演奏。やさしいピアノのイントロから始まるスローバラードは、静かに語りかけるような中に秘めた情熱が隠された曲だ。

 演奏が終わると、「ブラボー!」の歓声とともに大きな拍手が送られた。終演後はjajaのCDを買って秋山にサインをもらう人や、来年1月に行われるコンサートのチラシを興味深く手にとる人の姿も見られた。

 心地よい風と船の揺れを感じながら、夜の闇に幻想的に浮かびあがる工場夜景と、どこまでも伸びていく美しいサックスの響き、そして軽妙なトークに引き込まれ、あっという間の2時間だった。

photo0.JPG

Text:河本美和子(かわさきジャズ公認レポーター)

◎公演概要
【工場夜景ジャズクルーズ】
日時:2019年10月26日(土)19時開演
会場:フロンティアルーツ(船上)
出演:jaja&木村カエ(ピアノ)
posted by kawasakijazz at 16:17| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: