2019年11月10日

【レポート】10月26日 川崎市・ボルチモア市姉妹都市締結40周年記念ジャズライブ(前編)

 10月26日【ユキ・アリマサ・カルテット JAZZライブ国際交流センター】に母と行く。なぜ、ボーイスカウトとジャズ?と単純な疑問を抱きつつ、元住吉駅の改札を出る。エスカレーターを降りるとブレーメン商店街が賑やかに迎えてくれる。母が言う、タイムスリップした気分になるのよね。どこも活気にあふれ目移りする店々を抜け、寄り道は後回しに会場へ。ジャズファンのご年配の方々で早々に席は埋まっている。私と同じ高校生がほとんど居ないのは意外だった。

 今回は、ボルチモア市との姉妹都市締結40周年記念事業で、ボーイスカウト川崎地区のトークショー第一部とジャズライブの第二部で構成されていた。

 『ボルチモア・トークショー』の冒頭は相互交流の説明から。メリーランド州最大の都市であり、アメリカの星条旗発祥の地であるボルチモア、古くから天然の良港として栄え、世界屈指の医学の殿堂ジョンズ・ホプキンズ大の中にはピーボディ音楽院があってジャズで有名なこと、相互交流は28回目で一年おきに行き来しており、1985年の第一回には20名の学生さんが参加したことなどスライドを使って語られた。

 そんな一行は7月20日に日本を出発、2週間強の派遣交流を終えた高校生の坂本美優さんと大竹和真さんが、日本ボーイスカウト川崎地区の派遣メンバー代表として現地での様子を楽しく語ってくれた。

 まず驚いたことは、日本ではあり得ない大規模なキャンプ場(幸区と同程度の広さ)。その広さを生かした野外活動は日本と違いアクティビティがキャンプの中心、衣食住は提供され賄い付きなのだ。食事の準備などに煩わされることなく野外での非日常体験を重ね、1週間の共同キャンプを過ごしながら交流を深めていく。さよならパーティでは日本側から和食が振舞われ、特に出し巻き卵が好評で、と坂本さんが嬉しそうに。ソーラン節も披露してパーティはおおいに盛り上がったそうだ。

 後半はホストファミリー宅へ。ボルチモアに到着してすぐホストとのマッチングがあるため、キャンプをともに過ごし現地の学生と仲良くなったあと安心してホストの家で過ごせるのはいいアイディアだ。現地観光はホストファミリーが考え、他にもニューヨークツアーやワシントンツアー、ボルチモア市長の表敬訪問や親善大使を務めた。大竹さんはボルチモア・オリオールズのグラウンドに立ちとても感動したことを生き生きと語り、高校生として充実すぎる2週間がちょっと羨ましいくらいだ。

 川崎には9つの姉妹都市があるがその中でもボルチモアとは濃密な関係にあり、市民交流や商工会議所、スポーツなど多様な交流がなされている。今回も福田市長が団長として向うはずであったが、台風19号襲来の陣頭指揮をとるため、山崎議長が代わって団長となり、ボルチモアのヤング市長と協定書を交わされたとのこと。

 平尾光司会長さん(川崎市国際交流協会)はボルチモアとの派遣交流を通してこのように締めくくられた。「若いときに海外交流を重ね外へ出ていくことは、皆さんの成長にとって、また社会活動のベースとしても大切なことです。ぜひ、日本や川崎を海外に紹介できる人になって欲しいです。」

 また、ボルチモアとジャズとの関係性についても語られた。ボルチモアはニューヨークやニューオリンズと並びアメリカのジャズ中心地のひとつ。ジャズライブハウスがたくさんあり市民にジャズが溶け込んでいる。そのため今回ジャズライブを企画したと。最後に、会長さんがジャズについて熱く語った姿は印象的だった。

 国際交流センターには、様々な国のたくさんの資料や催し物のチラシが置いてあり、音楽や料理など誰でも参加しやすくユニークなものが多いと気づき、私はふと考えた。外国人が多く住む川崎ならば、住みなれた街でも容易に国際交流はできる。来年4月にはここでミュージック・フェスティバルも予定されている。親子で、あるいは孫や祖父母を誘って、催しのついでにでもいい、身近な国際交流の方法について調べたり、もっと国際交流センターを市民が活用していければいいな。そういうことから、日本ボーイスカウト青少年メンバーのように、海外へ積極的に目を向ける高校生が増え、やがて川崎に貢献できる人材育成にも繋がるのではないかと。

※後編に続く⇒こちら

Text:坂井奈々香 (かわさきジャズ公認レポーター)

◎川崎市・ボルチモア市姉妹都市 締結40周年記念ジャズライブ
日時:10月26日(土)15:00〜
会場:川崎市国際交流センターホール
第一部 「ボルチモア」トークショー
出演:
日本ボーイスカウト川崎地区協議会 青少年ボルチモア派遣メンバー
公益財団法人 川崎市国際国流協会 会長 平尾光司(川崎市ボルチモア訪問団)
第二部 JAZZライブ
出演:
ユキ・アリマサ・カルテット
ユキ・アリマサ(ピアノ)、原朋直(トランペット)、マーク・トゥリアン(ベース)、デニス・フレーゼ(ドラムス)
posted by kawasakijazz at 14:18| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: