2019年11月10日

【レポート】10月26日 川崎市・ボルチモア市姉妹都市締結40周年記念ジャズライブ(後編)

 引き続き、第二部【ユキ・アリマサ・カルテット JAZZライブ】が開催された。ジャズは相当聴いてこられたであろう350の観客は、待ってましたとばかりの大拍手。私たち親子は、これから何が起きるのかに期待。それと同時に観客にどう対峙していくのかにも興味が沸いた。

★DSC_2941.JPG

 アメリカに25年もいたがボルチモアとは今まで縁が無く、地名を冠する曲や地元出身の作曲家、ミュージシャンさえ見つからず。ボルチモアにちなんだ曲をとリクエストされて困り果てたと、ユキ・アリマサさんがユーモアたっぷりに。ジャズには恋や愛憎うずまく歌が多く、国際交流やフレンドシップにちなんだ曲は少ない。当日まで迷いに迷って、現場に来てから当日のパンフレット読み、ユキ・アリマサ(Pf)、原朋直(Tp)、マーク・トゥリアン(b)、デニス・フレーゼ(Dr)の4人が連想ゲームのように選曲した、というのが以下の5曲。もちろんPAなしの生演奏を、息つく暇なく酔いしれさせてもらった。

・「A Beautiful Friendship」/ドナルド・カーン作曲

 美しい友情は終わり、男女の愛に生まれ変わるというスタンダード曲。文字通り、友情の架け橋的な意味合いで選んだ。

・「Sail Away」/トム・ハレル作曲 

 パンフレットにあったボルチモア港の写真を見てひらめいたそうだ。上空から撮影された港はパレット状に美しく整備され、複数のビルはまるで水上に建っているかのよう。内陸部まで船で入り込める機能性を兼ね備えた天然の良港の穏やかなイメージがこの曲にピッタリ。

 原のヨットが、スーッと一筋の線を描いて湾を進み、やがて外洋に出る。帆を膨らませ波をけたてて勢い良く進むヨット。昔、博多湾で何度かヨットに乗ったことがある。その体験がふと蘇り、頬にかかる白い波しぶきが見えるほどだ。原曲はトランペットの詩人と呼ばれるトムに、ジョン・アバークロンビーのギターが絡むおっとりとした曲だが、今回ユキ・アリマサのピアノがそれを越えたアプローチで迫ってくる。

 別に疲れていた訳でもないのに、脳内クルージングしているかのようで、うつらうつらとしてくる。隣で娘がスースー寝息をたてた。土曜午後の昼下がり、はや2曲目でもう満足だ。

・「Peace」/ホレル・シルバー作曲

 ベースをフィーチャーして。マーク・トゥリアンのソロから始まった。ホレス・シルバーはゴスペルやアフリカ、ラテン音楽など幅広い音楽スタイルに影響されたと云われているが、今日のPeaceは東洋や中東的な響きが醸し出され、ベースに特に詳しくない私でも新たなアプローチに惹きつけられた。

・「ボルチモア・ブルース」/原朋直作曲

 今回のイベントを記念し、テーマを即興で作りましたとのこと。きっと、第一部のトークショーを聴きながら、控え室で捻り出したということなのだろう。同じ学内で日頃から顔を合わせているカルテットとはいえ、直前に即興で作ったテーマからここまで曲が盛り上げられるのか。ジャズの真骨頂を見せていただいたというのが率直な感想。

・「Bridges」/ミルトン・ナシメント

 二つの都市の友情の架け橋の意味をこめて。ミルトンのデビューアルバム『トラヴェシア』の去っていった恋人を想う歌詞ではなく、サラ・ヴォーンの『I Love Brazil!』のほうの歌詞だ。サラは歌う、「信じれば、きっとそこに橋はかかる」。エンディングにふさわしい終わり方だった。

★DSC_2948.JPG

Text:坂井広美(かわさきジャズ公認レポーター)

※レポート前編⇒こちら

◎川崎市・ボルチモア市姉妹都市 締結40周年記念ジャズライブ
日時:10月26日(土)15:00〜
会場:川崎市国際交流センターホール
第一部 「ボルチモア」トークショー
出演:
日本ボーイスカウト川崎地区協議会 青少年ボルチモア派遣メンバー
公益財団法人 川崎市国際国流協会 会長 平尾光司(川崎市ボルチモア訪問団)
第二部 JAZZライブ
出演:
ユキ・アリマサ・カルテット
ユキ・アリマサ(ピアノ)、原朋直(トランペット)、マーク・トゥリアン(ベース)、デニス・フレーゼ(ドラムス)
posted by kawasakijazz at 14:25| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: