2019年11月24日

【レポート】11月10日「エリック・ミヤシロスペシャル・ビッグバンドコンサート&ジャンボリー」

エリックさんのメッセージ通り、恐れることは無かったスペシャルバンド

 11月10日【エリック・ミヤシロ スペシャル・ビッグバンド・コンサート&ジャンボリー】に参加するため、お昼過ぎにテアトロ・ジーリオ・ショウワに着いた。リハーサルのため開場の3時間前に集合だ。思ったとおり社会人が多くみんな上手そう。最近はプロとの合奏を至るところで体験できるが、こんなチャンスはめったにあるものでは無い。喜び勇んで応募したものの、あり得ないほどスーパーヒーロー・ヒロインだらけのビッグバンド企画に不安いっぱいになった私は、前日も必死で練習をし、珍しく朝から食欲が無く緊張していた。できればファーストTp(主旋律)に選んでもらいたいし、できれば二井田ひとみさんの横で(その音色を感じながら)吹きたい!と強く願ったからだ。

 その心配は徒労に終わった。事前に1番〜4番パートの楽譜を配布されていたが、当日現れたエリックさんは「好きな楽譜を演奏していいよ。」と。それも練習はたった1回通しで終わった。プログラムに寄稿されているように『細かいことは気にせず、楽器でお祭り!という気持ちで来てください!』との言葉通り、選抜したりダメ出ししたりせず、音楽を皆で楽しもうよ、という主旨だったのだ。エリックさんが込めた本来のジャンボリーの意味に、リハを終えて初めて気付かされた。

 開場までの休憩時間に参加者インタビュー。まず高校生二人に母が取材すると、快く応じてくれた。トランペットの坪内陽杜(はると)さんは川崎在住17歳の高校3年生、1番パートを選択したそうだ。サックスの太田有紀(ゆき)さんも川崎在住15歳の高校1年生でやはり1番パートを選択。「高3というと受験真っ只中ですが、とてもいい気分転換になりました。」と本番前からすでに晴れやかなな坪内さん。「尊敬するプレーヤーとできる。楽しんできたい。」と笑顔の太田さん。それぞれの親御さんがこの催しを教えてくれたのだそう。

 今回は社会人が大多数だったが、吹奏楽ではやらない様々なジャンルを体験することは、私と同じく10代の参加者にとって音楽性を伸ばすためにもよい機会だと感じた。

 社会人の輪にも声をかける。葛飾区では【かつしかビッグバンド】という取組みがなされ、毎年新メンバーを集めては演奏会を開いているのだが『KZジャズリユニオン』という今年のOBで結成されたバンドから5人ほどが参加していた。かつしかビッグバンドは自主的にOBバンドが増殖していく社会人ジャズ活性化のモデルケースと云えるが、川崎在住・在勤を問わず、いろんな地域からの参加が可能な今回のジャンボリーも、川崎以外の地域へもジャズ活性化の橋を架けていた。

EricMiyashiroSpecialBB11101903S.jpg

 そして開演。第1部は、スペシャル・ビッグバンドの方たちのみでジャズの名曲を演奏。エリックさんのピッコロトランペットで開幕した「Winter Games」。アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」はリードアルトの本田雅人をフィーチャー、すると自然に手拍子が始まった。「Sir Duke」は青柳誠をフィーチャー。エリックさんがロック・フュージョン寄りな彼女に4ビートものもやってもらいたくてと「Still Of The Night」は川口千里をフィーチャーして。舞台ど真ん中で、か細い体全体を使ってしなるような踊るドラミングは現実のようでアニメの世界にも映った。そして「Teen Town」続いてジャコ・パストリアスの「Domingo」はベースの川村竜をフィーチャー。大人も子どもにも聴きやすい選曲だ。

eric_band.jpg

 休憩を挟んでいよいよ第2部、みんなで楽しむ大合奏ブラス♪ジャンボリー in かわさきジャズの始まりだ。参加者は最前列の観客席から舞台上へ。スペシャルバンドの後方に陣取り「Theme From Rocky」、「African Symphony」、「Takarajima」、「Lupin V」、「BirdLand」の5曲を次々と。48名の一般参加者が加わることでバンドの迫力は一気に増した。みんな上手い。エリックさんの指揮も的確でわかりやすい。みんな息ピッタリで気持ちいいくらい揃っての演奏。誰もが知っている曲は吹きやすかったかもしれないし、みな思い思いに自分が選んだ楽譜で思いっ切り主旋律を吹いているのがまた気持ち良いのだろう。私自身は今回女性のプロが多く勇気づけられた。アンコールは「Takarajima」の速いバージョンで。エリックさんの注文にも、みな難なく応じ大拍手で閉幕。プロの皆さんと全員での集合写真も撮り、達成感もハンパ無い、大満足の一日だった。

EricMiyashiroSpecialBB&Jamboree11101901S.jpg

Text:坂井奈々香 (かわさきジャズ公認ライター)

◎公演概要
かわさきジャズ2019
エリック・ミヤシロ スペシャル・ビッグバンド コンサート&ジャンボリー
日時:2019年11月10日(日)17時開演
会場:昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
プログラム:
第1部 ビッグバンド・ジャズ 名曲コンサート
第2部 みんなで楽しむ大合奏ブラス♪ジャンボリー in かわさきジャズ
出演:
指揮&トランペット エリック・ミヤシロ
サックス 本田雅人、 寺地美穂、小池修、鍬田修一、高尾あゆ
トランペット 小澤篤士、二井田ひとみ、田沼慶紀、山崎千裕
トロンボーン 中川英二郎、半田信英、石橋采佳、朝里勝久
ピアノ 青柳誠
ベース 川村竜
ドラムス  川口千里
posted by kawasakijazz at 22:12| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: