かわさきジャズ 公式ブログ

2020年11月23日

【ライブレポート】11/11「Colorful JAZZ vol. 2」細川千尋、山下 伶、はたけやま裕が奏でる幸せのメロディ

 細川千尋(p)、山下 伶(クロマチック・ハーモニカ)、はたけやま裕(per)が昨年、大好評を博した、かわさきジャズ2020オリジナル企画の第2弾【Colorful JAZZ vol. 2】が11月11日にラゾーナ川崎プラザソルにて開催された。

会場には、始まる前から3人の美しいメロディを心待ちにしているオーディエンスで期待感に溢れていた。
温かい大きな拍手と共に、山下のクロマチック・ハーモニカから1曲目「Isn’t She Lovely」 がはたけやまのウィンドチャイムと細川のピアノの小粋なリズムで可愛らしく始まる。スティーヴィー・ワンダーの名曲だ。赤く情熱的な照明で、細川の左足でリズムを刻んでいるのが印象的であった。

photo1.jpg

MCでは「昨年、来て下さった方は、いますか?」と呼びかけ、客席からは、多くの手が挙がる。3人のメンバー紹介の後に山下が「ハーモニカは、元々アコーディオン、リード楽器の仲間」と、リシャール・ガリアーノ「Tango pour Claude」で、ピアノの華麗な旋律から始まり、カホンと合わさり、クロマチック・ハーモニカから奏でるメロディに強い意志が感じられた。途中の細川のピアノと、はたけやまのパーカッションのソロで見せた山下の笑顔に、こちらまで夢の中にいるかのような温かい気持ちにさせてくれる。

photo2.jpg

続いて、イタリア映画の曲、ヘンリー・マンシーニ「Sunflower」は、山下が2011年にクロマチック・ハーモニカを始めるきっかけになった人生を変えた思い出の曲だという。音楽短大を卒業し、フルートを吹いていた彼女は、当時音楽を辞めようと思っていた気持ちを再びこの「Sunflower」が導いてくれたのだ。彼女が最初の一音から心が持っていかれたというように、哀愁を誘うクロマチック・ハーモニカの響きが胸に染み入る。それと同時にハーモニカ発祥の地、ドイツの風景も目に浮かんでくるようだ。

はたけやまの「皆さんも、そういう人生を変えるきっかけって、ありますよね?」との問いかけにオーディエンスも、うんうんと頷く。
細川も、しばらくピアノから遠ざかっていた時に、コトリンゴのピアノを弾いて歌っている姿に
もう一度音楽をやろうと思ったという。「人生って、分からないですよね」と、彼女は言う。
まさにその通りだと私も思う。だからこそ、音楽も人生も楽しいと感じられる。
はたけやまも音楽の接点は、ピアノが最初であり、中学の吹奏楽部で打楽器に出会ったが
高校で辞めようと思っていた時に、プロの方に「打楽器、続けなさい!続けるならプロを目指しなさい」と言われて、今の彼女がある。そういう誰にでもターニングポイントは、あるものだ。

photo3.jpg

そんなはたけやま選曲の桂枝雀師匠の出囃子「昼まま」を最初に原曲を1コーラス流し、聴かせてくれた。よく耳にする三味線と太鼓の音で、今すぐにでも落語が始まりそうな感覚になってくる。それに続き、3人でジャズアレンジした「出囃子〜昼まま」が原曲とは違う世界観で披露された。今までで一番上手くいったみたいで、大きな拍手がステージに送られ、オーディエンスの興奮冷めやらぬ中、細川選曲のポール・デスモンド 「Take Five」が演奏された。昨年の公演では、スタンダードジャズが少なかったことから選曲され、ワインレッドの照明と共に、とても切ない感じで個人的には、好きな曲調であった。

 休憩の後は、バート・バカラック 「Alfie」のゆったりとした夜眠る前の優しさに包まれるような3人のサウンドが溶け合う演奏に聴き入る。
前半の衣装から打って変わって、素敵なピンクのドレスの細川は、この「Alfie」も人生を変えてくれた大好きな一曲だという。「先日、リハーサルをしていた時に、なかなか激しめの曲が多くて、私たち、けっこう激しめの女なんじゃないかという選曲だったんですよね」という細川に会場が微笑ましい様子になる場面も。この公演で初めて音を出して、本番がいつも一番上手くいくみたいで、こちらまで幸せな気持ちになる。

photo4.jpg

続いて、その細川のオリジナル曲「黎明(れいめい)」では、疾走感のあるサウンドで天高く昇っていくようなキラキラした感じで聴かせてくれる。ときには椅子から立ち上がり、ピアノを弾く彼女に力強さを感じる。同時に2人とのアイコンタクトでは、この曲を楽しんでいるという、今の一瞬が大切なように思えた。この曲の意味は、「夜明け」「始まり」、そして細川の父が名付けたのだそう。
はたけやまもオリジナル曲「Crossroad」では、カホンをフィーチャリングして疾走感のある圧巻のステージであった。この曲は、その名の通り、車の歌で長い時間練習、特訓をし、2人からは、はたけやまを「先生!」と呼ぶ一幕も。

その後、今回披露した曲などが入っている3人それぞれのアルバム紹介をしつつ、はたけやまが「鬼滅の刃」に詳しいことから、会場に併設されている映画館でレイトショーを観よう!などと、話題が盛り上がりをみせて和やかムードに。
そのムービーメーカー、はたけやまの選曲「よだかの星」は、文学作品、宮沢賢治「よだかの星」から取ったタイトルだといい、星になって永遠に輝き続けて高く飛び上がるようなクロマチック・ハーモニカの叙情的な3人のアンサンブルに引き込まれる。

ClorfulJazzVol.2_11112007S.jpg

最後に「たくさんの方々に来て頂いて嬉しい!」とオーディエンスに伝え、デューク・エリントン「Caravan」を7拍子のアレンジと共にサビはラテンで、まるでジャングルにいるかのようなカラフルな演奏で会場の熱気が最高潮に達した。
鳴り止まない盛大な温かい拍手の中、アンコールでは、バート・ハワード 「Fly Me To The Moon」をピアノからのイントロ、クロマチック・ハーモニカの旋律、パーカッションの安定感で、しっとりとロマンティックなサウンドに酔いしれる。この曲を嫌いな人は、いない気がする。もちろん、私も大好きな曲である。


演奏を終え「また、来年お会い出来る日を楽しみにしています!ありがとうございました」と3人が笑顔で手を振って、まさにカラフルな一夜となった。

今年は、なかなかライブ、フェスティバルの開催が困難な状況だが、「かわさきジャズ2020」が開催されたことが嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいである。終演後に、オーディエンスから3人へ花束を渡す場面や細川がピースをしているシーンもあり、この世の中が平和であってほしいと願うばかりである。「ジャズは橋を架ける」、この公演に少しでも花を添えられていればと思う。

Text:Chisato / かわさきジャズ公認レポーター
photo:Tak. Tokiwa

◎公演情報
かわさきジャズ2020
「Colorful JAZZ vol. 2」
2020年11月11日(水)@ラゾーナ川崎プラザソル
出演:細川千尋(p)、山下 伶(クロマチック ・ハーモニカ)、はたけやま裕(per)
posted by kawasakijazz at 14:41| Comment(0) | レポート2020
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: